網膜からの出血が影響して発症する

網膜が何らかの影響で出血して起こる場合も飛蚊症となる

飛蚊症には、ホコリのようなものが見えるものではなく、視界が全体的に濁って見えたり、カーテンがかかったように見える場合があります。

見え方によっては、硝子体混濁と分類されますが、飛蚊症も硝子体混濁も原因や視界不良を考えると、それほど、大きな違いは無いようにも思えます。

飛蚊症と関係してるのが、網膜の病気などによる影響です。

硝子体はゲル状の組織というイメージからもわかる通り、高い透明度を保持しています。一方、網膜は外からの光を受け取る組織で、視細胞と毛細血管が張り巡らされています。

網膜に張り巡らされている毛細血管が傷ついたり、新生血管が発生する事によって血液が硝子体内に混入してしまうと、透明だった硝子体が濁ってしまい、はっきりものが見えなくなってしまいます。

このようにして、網膜の出血が影響して飛蚊症を引き起こします。

網膜の出血による飛蚊症は、主に二つの原因があります。
一つは、網膜に傷が付いた場合で、眼球や眼窩周辺に外からの衝撃が加わる(眼球打撲)と、網膜が傷ついてしまうことがあります。このときに出血することで、飛蚊症となる事も有るのです。

この場合、打撲が酷かったり、何度も眼球に衝撃が加わると網膜の傷口が広がり、硝子体の水分が網膜の裏側へ入り込んでしまうことがあります。
すると、網膜剥離を引き起こす危険性が高まります。

ただちに医者の元へと行きましょう。

もう一つは、網膜の病気と関係しているものです。
この場合は、糖尿病や眼球内の血管が詰まる事で、毛細血管の弱い部分から出血してしまい、その血液が硝子体の中に入ってしまいます。

どちらも生理的飛蚊症のように、症状の進行がゆっくりしているものでは無い場合もあり、失明の危険性も高いものです。これらの自覚症状がある場合は、眼科医で眼底検査を行うなど原因を追及する必要が有ります。

進行がゆっくりなら、網膜の保護力が一時的に弱っているかもしれませんので、網膜を守る働きのあるルテインを意識して摂取する事などで進行を遅らせたり、場合によっては改善できる可能性も有ります。