強度近視だと発症しやすい?

幼い時から強度近視だとなりやすいというのは本当ですか?

確実ではないものの、あながち間違いでもないようです。

飛蚊症体験者の情報などを参考にしてみると、幼い頃から強度の近視になっている場合は、同時に飛蚊症もひどくなりやすい傾向にあるようです。近視は、視力が正常な人よりも眼球の形状が楕円形に近い状態の人ほどなりやすいと言われています。

眼球の形状が楕円形だからといって、飛蚊症になりやすいかはイコールではないと思いますが、それでも、目が人より弱くなりやすい状況にあることは十分に考えられます。

飛蚊症に限った話ではなく、先天的な強度近視は、網膜の病気などにもかかりやすいと言われているので、これらが何らかの関係を示していることは、何となく予想出来ることではないでしょうか。

もちろん、視力が年齢の割に良い人でも飛蚊症を発症することはありますが、やはり、年齢とともに視力が落ち、同時に、飛蚊症の発症も増えてくると考えると、年齢的な要因が強く、それと合わせて、日頃の生活習慣が少しずつ症状を進行させていると考えることができます。

ですが、元々強度近視を持っているから必ずなるというわけではないので、少しでも進行を遅らせる為に、もしくは改善させる為にも、目の健康に良いと言われているアントシアニンやルテインなどの抗酸化成分を摂取する事を心がけるなど、改善に繋がる方法を色々試してみるのも意味があると思います。