亜鉛

加工食品の多い現代の食生活には欠かせない亜鉛

体内に存在する200以上の代謝酵素をサポートする働きが有る成分。
これにより、代謝機能を正常に保つ役割を担います。

成長期に亜鉛不足が続くと、第二次性徴が遅れる恐れがあると言われています。

体を大人へと成長させる為にも、亜鉛は、必要な成分なのです。

加工食品を多く口にする機会が多いと亜鉛の吸収が阻害されやすくなっています。

更に、アルコールの分解などにも亜鉛が必要と言われているため、飲酒機会が多いと慢性的な亜鉛不足に陥っているかもしれません。

亜鉛は、通常のバランスの取れた食事で十分摂取出来ますが、飲酒や加工食品など、身近な食生活で亜鉛不足を進めてしまっているかもしれません。

飛蚊症との直接的な関係は無いものの、「代謝が衰える=老化現象」という関係が有る以上は、無視できない成分です。

他にも、亜鉛不足は皮膚疾患や髪の毛が細くなったり、爪が薄くなるなどとも関係があるので、これらの自覚症状があれば、亜鉛を補う事で症状の悪化を防ぐ期待が持てます。

亜鉛は、成人であれば、1日あたり10mg程度必要だと言われています。
主だった過剰症はありませんので、多めに摂取しても問題ありません。

ただし、銅の吸収を阻害してしまう恐れがある点だけ注意が必要です。
銅が不足するとヘモグロビンが作られなくなるので、返って悪い働きが目立ってしまうかもしれません。

亜鉛の摂取は、食材であれば牡蠣やホタテに多く含まれていますが、日ごろから安定的に摂取するのであれば、サプリメントも良いと思います。
その場合は、食生活の中でどの位の加工食品を食べているか、または、アルコールをどの位摂取しているかを考えて必要量の調整を行う事が大切です。