ビタミンの必要性

ビタミンは健康維持に欠かせない微量栄養素

ビタミンは、健康を保つ上でも必要性の高い成分です。

人の体にとってビタミンが必要なのは、体内では作り出すことのできない微量栄養素でありながら、健康維持にとっての役割が大きい為。

体の中の様々な代謝に関わる事でエネルギーを生み出したり、機能を維持する働きや細胞の若さを保つ為に必要です。

ビタミンには、大きく分けて水溶性と脂溶性の2種類が存在します。

ビタミンB群やビタミンCなどの水溶性のもの。
ビタミンA・D・E・Kなど脂溶性のものがあります。

水溶性ビタミンは、使用されなければそのままに体外に尿として排出されてしまうので、毎日の摂取を心がけた方が体に為になると言えます。

対して、脂溶性ビタミンは、肝臓や細胞膜等に1日程度はとどまるので、毎日摂取する必要性はありません。

中でも、ビタミンAは過剰摂取は良くないと言われているので、多く含む動物性食品のレバーなどは、食べ過ぎないように注意した方が良いとされています。

過剰摂取により、肝臓が腫れたり、目まいや吐き気などの毒物反応を示す場合もありますので注意して下さい。

ビタミンの主な働きは、代謝を調節したり酵素のサポーターとして必要だという事だったのですが、それ以外にも、抗酸化作用に優れているという特徴あります。特に、ビタミンEは、栄養成分の中でも、上位クラスの抗酸化力で注目されています。

ビタミンE以外にも、ビタミンAやCは、これらが関係して再利用する為の修復作用等があり、一つだけで摂取するよりトータルで満遍ない摂取の方がより良い機能を発揮してくれます。

ビタミンをサプリメントで摂る必要性について

昨今、野菜に含まれている栄養素が減っているようです。

ビタミンCを例に取ると、ほうれん草をはじめとして、15品目もの野菜に含まれているビタミンCが減少しているというデータがあるのです。

ほうれん草や小松菜に含まれるビタミンCは、20年前と比べて、およそ半分の量になっています。

その一方で、野菜の価格は上昇するという矛盾が起こっています。

そもそも野菜というのは、もちろん味的な要素も強いですがそれ以上に健康に良い食材ということで食べる必要性があります。

その野菜の価格が高騰し、一方で栄養価が下がっていては、摂取出来るビタミンの総量が不足してしまうのは言うまでもありません。

このような状況を改善する為にも、サプリメントによるビタミン摂取が身近で有効な方法であることに変わりありません。