ルテイン

網膜の機能保全・保護にはルテインが必要

黄斑変性症の改善にも有効と言われ、抗酸化力にも優れている成分です。

ルテインは、ホウレンソウやブロッコリー、トウモロコシなどの緑黄色野菜に多く含まれる色素成分で、目では網膜(黄班や中心窩)に多く含まれています。

目の中に入り込んできた光を電気信号に変える役割を担う網膜は、常に可視光線のダメージを蓄えてしまう組織でもあり、それらのダメージを緩和する働きがルテインにあるとされています。

同じ色素成分であるアントシアニンは、果実の果皮などに多く含まれ、紫外線などからのダメージを防ぐ働きがありますが、ルテインにもこれと同じような働きがあるということです。

さらに、視野の中心として視力を支える重要な部分である黄斑には、ルテインの代謝物であるゼアキサンチンという成分が集中しています。

ゼアキサンチンは、ルテインより高い抗酸化力が有るとされていて、網膜の中でも、光が最も集中する黄斑部の保護に必要不可欠な成分なのです。

そんなルテインも、加齢とともにその量は減少してしまいます。

日本人の発症が増えている加齢黄斑変性症がありますが、この発症時期とルテインが無くなるとされる時期である40歳前後が丁度重なるという事もあり、加齢黄斑変性症とルテイン不足の関係性があるとされているのです。

実際に、加齢黄斑変性症の症状を改善する方法としてルテインが用いられ、有効であるという臨床データも出ています。

ルテインの摂取量目安は6mgを毎日継続する事が望ましいとされています。
ルテインを摂取しすぎると皮膚の色が黄色っぽく沈着し、色が抜けるまでに数ヶ月必要と言われているので一度に摂取し過ぎるのも控えてところです。

これらの情報を踏まえ、飛蚊症の中でも黄斑の出血などが関係している事による硝子体出血や、その後やってくる硝子体混濁の場合には、ルテインを摂取して網膜の視機能を回復させ出血を防ぐ事で快方に向う期待が持てます。

ルテインが不足し始める40歳代であれば、意識して補う事が大切です。
ルテインもゼアキサンチンも脂溶性なので、油と一緒に摂取する事、食事のタイミングで摂取する事で吸収率が良くなるようです。

それ以外にも、ルテインの摂取を継続することにより黄斑の色素量が上昇するという臨床データもあるようなので、ものをより鮮明に見る為にも有効な働きがあるという期待が持てます。

一日の摂取量の目安である6mgは、販売されているサプリメントでルテイン配合量では、大体が6mg~12mgなので妥当な範囲です。

こういった成分は、早く改善させる為に沢山摂りたいところだと思いますが、色素沈着などのことも考慮して、必要最低限から始めるのが健全な方法です。