ヒアルロン酸

透明度と水分保持に欠かせないヒアルロン酸

高い水分保持力を持ち硝子体の透明度を保つ。

ヒアルロン酸は、1g当たり最大で6リットルもの水を保持できると言われていますが、この働きにより、硝子体内容水分で満たし、同時に、透明度を保つ上でも必要な成分となっています。

尚、生理的飛蚊症の場合、その原因は、老化によってヒアルロン酸が水分を保持できなくなったことが関係しています。

体を構成している組織は、正常な状態を保つ為に絶えず入れ替わりを繰り返しています。

しかし、年齢とともに細胞の入れ替わりが遅くなり、材料となる成分も不足がちになる事で代謝がスムーズに行われなくなります。

飛蚊症も同じように、老化現象によって引き起こされる場合が大半です。

この他にも、抗酸化物質が不足する事が関係して、細胞が酸化しやすくなる事で老化が早まる事もあるなど、何も対策を行っていないと、加齢によって身体の組織を保護する働きが弱まってしまいます。

飛蚊症は、材料となるヒアルロン酸を意識して摂取する事で改善出来る可能性もあります。また、摂取する場合、ヒアルロン酸が含まれている鶏冠を食べるという方法もありますが、サプリメントでの摂取が一般的です。

アメリカでは、飛蚊症を改善する方法として、ヒアルロン酸のサプリメントを眼科医が推奨しているという情報もあり、ヒアルロン酸は、比較的安全性の高い成分なので、サプリメントでの摂取も問題ありません。

飛蚊症に適したサプリメントとは

では、飛蚊症改善のサプリメントという位置づけで、ヒアルロン酸を配合したものが日本で大々的に発売されているのかと言えばそうではありません。

そうすると、肌のアンチエイジング目的で販売されているサプリメントの中から、ヒアルロン酸を配合しているものであり、信頼できるメーカーから発売されているものに頼るしかありませんが、中には、特許製法で信頼性の高い製品が存在します。

当サイトでは、小林製薬のヒアルロン酸配合サプリメント超低分子ヒアルロン酸「ECM・E」などを紹介しています。

これら以外のヒアルロン酸サプリメントを選ぶ場合、ヒアルロン酸の中でも、天然ではなく微生物により生産されたものは、安全性が懸念される場合もありますので十分に注意して下さい。