硝子体出血

様々な部位からの出血が硝子体に混入する症状

硝子体内に血液が混入する症状です。

症状が軽ければ、少しだけ飛蚊症となる程度ですが、霧視(むし)のようになると、全体的に濁って見える状態が続きます。

また、硝子体は、ヒアルロン酸が水分を保持する事で成り立っているゲル状の組織なので、血液が入り込んでしまうと数ヶ月は改善されない事もあります。

硝子体出血の主な原因は、網膜にできる新生血管。
新生血管は、もろく壊れやすい組織なので、壊れると血管の一部やそこから漏れ出した血液が硝子体の中に入り込みます。

これが、硝子体出血を引き起こす原因の主なものです。
他には、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症など、網膜内の血管が弱くなったり変性しやすくなるなどが関係して、症状を悪化させるようになります。

原因の多くは眼底に広がっている網膜からの出血が関係しているので、網膜にだけ原因があるように考えられますが、老化とともに硝子体の水分保持がうまくできなくなってしまい、硝子体収縮を引き起こすと出血を伴うこともあります。

後部硝子体剥離の際に網膜を引っ張ってしまい傷つく事により、出血を引き起こす場合もあります。

硝子体出血を改善する為には、網膜の状態を確認して、症状に合わせた治療を行わなければなりません。
もしも糖尿病網膜症だった場合は、根本原因が糖尿病に関係しているので、そちらの治療から取り組まなければいけないかもしれません。

尚この場合は、出血を伴っている症状なので、生理的飛蚊症と比較しても緊急性は高いです。

また、症状によっては眼底検査が困難となる場合もあり、超音波断層検査などの必要性が出てきますので、まずは、一刻も早い検査が今後のカギを握っていることに変わりありません。