硝子体混濁

周囲の出血などが焼死体内に入り込む状態

硝子体は、体の組織で最も透明度が高い組織です。
目というものを見る組織にとって、高い透明度は必要不可欠な事です。

その硝子体が何らかの原因で濁ってしまう症状を硝子体混濁と呼びます。

硝子体混濁になると飛蚊症や霧視を引き起こすようになります。
硝子体出血と共通している症状ですが、主に細菌などが関係しています。

特に、ぶどう膜炎などの炎症性疾患による混濁が顕著です。
ぶどう膜炎とは、眼球の組織である、虹彩、毛様体、そして、網膜の下にある組織の脈絡膜の3つ(ぶどう膜)に起こる炎症です。

ぶどう膜炎には大きくわけて2種類があり、細菌やウイルスなどが関係している感染性のものと、免疫反応が関係しているものがあります。

場合によっては、寄生虫が棲みつく事で症状を発症するケースも有るようなので、自覚症状がある場合は、すぐに病院で検査してもらう必要が有ります。

ぶどう膜が炎症を起こすと、感染範囲が広がり硝子体へと及び、硝子体混濁となるのです。

脈絡膜は、眼球内の組織へと酸素や栄養を届けるため、または、老廃物などを運び出すために、眼球の前側までを覆うように存在していて、その先には、毛様体があり、さらに先には虹彩があるという繋がりをしています。

このように血管が連なっているので、感染しやすいのです。

生理的飛蚊症も硝子体混濁の一つと考えることができますが、感染症による症状で使う意味合いが強いようです。

治療方法は、原因が感染症であれば抗生物質の投与で治療します。
しかし原因が特定できない場合もあり、そうした時には、ステロイド薬を投与するのが一般的なようです。

飛蚊症が硝子体混濁のような症状で現れることはまれだと思いますが、こうした症状があることも理解しておくと、もしも、似たような症状が現れた時に、対応も早く出来るようになると思います。